脱毛サロン

脱毛ラボの料金は?15ヵ月無料はお得?パックプランの総額費用と比較!のりかえ割・学割キャンペーンも

脱毛ラボの料金プラン

脱毛ラボは手ごろな価格で脱毛の満足度が高いといわれていますが、実際いくらかかるのか?料金プランや他のサロンとの違いなど、気になることがたくさんありますよね。

全身脱毛を利用する場合などは、トータル支払額が10万円台になることも珍しくないため、きちんと納得したうえで契約したいものです。

そこでこちらでは、脱毛ラボの料金プランすべてを解説!学割やのりかえ割、下取り割などお得なキャンペーンの予約方法についてまとめています。

他社と料金も比較しているので、他のサロンと比べて脱毛ラボは安いのか見比べてください。

[st-card id=1486 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

脱毛ラボの料金プランは?

コース 回数 料金 学割 乗り換え
全身脱毛48ヶ所 1,990円/月額
選べる部分脱毛24ヶ所 1,490円/月額
全身脱毛48ヵ所
パックプラン
6回 109,760円 10%OFF
12回 195,980円 10%OFF
18回 279,980円 10%OFF
Sパーツ 1回 2,000円
Mパーツ 1回 3,000円
Lパーツ 1回 4,000円

脱毛ラボは大きく分けて全身脱毛と部分脱毛があり、それぞれに月額制、パックプラン、1回単発脱毛プランの3パターンがあります。

どれが一番良い料金プランなのかそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

① 月額プラン

月額払いとは、決められた範囲及び回数の施術を受ける対価として、毎月料金を支払うプランです。単なる分割払いとは異なり、最低限の回数さえ通えば好きなところで脱毛を中断しても構いませんし、継続して払い続ければ自分が納得できる状態になるまで脱毛を続けられます。

脱毛ラボの月額プラン
コース 料金
全身脱毛48ヶ所 月額1,990円
選べる部分脱毛24ヶ所 月額1,490円

※税別

脱毛ラボの月額制は28か所の全身脱毛コースと54ヵ所の部分脱毛の二つのみとなっており、前者が1,990円、後者は1,490円の支払いです。

支払方法は毎月口座からの引き落としで、支払いを続ける限りは通い続けられます。

毎月の負担が少なく、自分のペースで通えるというメリットがある一方で、一回当たりの施術時間は30分程度、約4か所の処理しかしてもらえないため、長期間かかってしまうというデメリットがあります。

月額プランは15ヶ月無料だけど、1回1箇所のみ。終わるまでに時間かかるから全然おすすめできるプランではありません。

② 回数パックプラン

パックプランはいわゆる一般的な回数プランで、脱毛サロンでは6回や12回が人気です。

回数パックプラン

全身脱毛48ヶ所

→有効期限が短い場合6回109,760円(半年)、12回195,980円(15ヶ月)、18回279,980円(2年)
→通常期限の場合6回119,760円(1年)、12回209,980円(2年)、18回299,980円(3年)

・選べる部分脱毛24ヶ所:

→有効期限が短い場合78,760円(6回)、136,980円(12回)、194,980円(18回)
→通常期限の場合83,760円(6回)、146,980円(12回)、209,980円(18回)

最低2週間に1回は脱毛に通うことができますので、早ければ3カ月程度でコースを終了することも可能です。

割引率が高いですが、期間内に使いきれなかったチケットが無駄になりかねないこと、まとまって高額の支払いを迫られることなどのリスクもあります。

カード払いにも対応していますので、月額制のように少しずつ支払いをしたいときにも便利です。

 

月額プランもパックプランでも顔やVIOが施術対象になっていますので、これらのために他のコースを申し込む必要はありません。

また、回数パックプランのみ保証期間が設けられていて、1年以内に通えば良いとされていますのでその点だけ注意が必要です。

短期間に何度も施術を受けられることを考えると、期間が短くてチケットが使いきれないという心配はほぼありません。

③ 1回単発プラン(部分脱毛)

脱毛ラボの1回単発プラン脱毛ラボの1回単発プラン

単発は気になるときにサロンに向かい、処理してもらった時だけ料金を支払うシステムです。

都度払いになっているので比較的気軽に通えますが、回数パックプランや月額制に比べると支払料金は高くなります。

部分脱毛の場合、部位は面積によってS~Lパーツに分かれており、毎回場所を変えることも可能です。

Sパーツ

[st-slidebox text=”+ Sパーツ対象部位” bgcolor=”” color=”#1a1a1a” margin_bottom=”20″]

鼻下、あご周り上下、左右もみあげ、左右乳輪周り、へそ周り上下、両手の甲と指、両足の指と甲、両脇、Vライン上

[/st-slidebox]

Mパーツ

[st-slidebox text=”+ Mパーツ対象部位” bgcolor=”” color=”#1a1a1a” margin_bottom=”20″]

左右うなじ、両肩を含む「両ヒジ上」、膝小僧を含む「両ひざ下」の表裏、Vライン、Iライン、Oライン、おでこ、こめかみ、小鼻

[/st-slidebox]

Lパーツ

[st-slidebox text=”+ Lパーツ対象部位” bgcolor=”” color=”#1a1a1a” margin_bottom=”20″]

両胸、お腹、背中上、背中下、両ヒジ下、左右ヒップ、「両ひざ上」の表裏、鼻毛(ワックス脱毛)

[/st-slidebox]

単発の場合、脱毛範囲はパーツの中から1ヶ所選ぶというもので、48ヶ所はこれらすべて、さらに、24ヶ所プランは、この中から24ヶ所選ぶというものです。

時間はかかってもいいから全身くまなく脱毛したいという方には、全身脱毛48ヶ所の回数パックをおすすめします。

 

シェービングは各自行ってくる必要がありますが、手が届かない部位などをサポートするときは、500~1,000円程度費用が発生します。

このように、どのプランにもメリットもあればデメリットもあります。

ただ、月額制が長すぎること、都度払いが高額すぎることを考えると、回数パックプランで自分に合った内容を選ぶのが良いでしょう。

脱毛ラボと他のサロンの料金を比較

似たようなプランで、他のサロンはどのような内容になっているのでしょうか。

以下に、全身脱毛6回の料金を比較してみましょう。

サロン 値段 部位 完了期間
脱毛ラボ 159,980円 全身56部位 最短半年
キレイモ 114,000円 全身33部位 1年
シースリー 188,000円 全身52部位 1年半~
銀座カラー 99,000円 全身24部位 1年半~
恋肌 92,407円 全身62部位 1年半~

こうして見ると、脱毛ラボは最安値ではないものの、対象部位が細かく区切られて多いこと、施術期間が非常に短いことなどがわかります。

脱毛ラボの通い放題コースは、比較的新しく作られたコースでオリジナルのセルフ脱毛器やアメニティが使い放題、1時間好きなだけ脱毛できるといった特徴があります。

233,960円の出費は痛いものの、コストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

キレイモの場合は、350,000円で無期限、回数無制限で脱毛をしてもらうことができ、シースリーは420,000円の料金で無制限です。

ストラッシュは369,800円ですので、脱毛ラボのコースがかなり安いことがわかります。

なお、いずれのサロンでも顔やVIOを選ぶことができ、ほぼ全身の処理が可能ですので、あとは料金や施術範囲、スタッフの対応などで自分で決めるとよいでしょう。

脱毛ラボの割引プラン・適用条件

脱毛ラボでは、さまざまな割引プランがあります。
代表的なものを以下にいていきましょう。

学割

脱毛ラボでは、契約時に学生であった人ならば、5~10%の返金を受け付けてくれることがあります。
申し込み自体はそれほど大変ではありませんので、証明書として学生証を持ち込みましょう。

のりかえ割

脱毛ラボで契約する前に、他のサロンを利用したことがある人に対しては、乗り換え割といって最大65,000円分の施術を無料で利用できるようにしています。

条件は、他のサロンの会員証など、有効な証明書を提出するだけです。

脱毛シェア

きちんと回数プランを利用してみたいと思っても、高額すぎてなかなか払えないという人は意外と多いものです。

この脱毛シェアは、お手ごろ価格でとりあえず脱毛ラボの施術を試してみたいというときなどにおすすめで、回数パックプランなどの施術を複数人数で割り勘するというものです。

脱毛下取り

脱毛下取りは、他社のサロンで継続している契約を、最大10万円で下取りするというシステムです。

サロンの乗り換えはこれまで支払ってきたチケットが無駄になるだけでなく、乗り換える際の資金も手に入るという珍しいプランで、多くの人に利用されています。

基本的に、これらの割引は契約時に書類などをそろえて申し込むものです。契約前にどのような割引が適用されるのか、何が必要なのかをきちんと確認しておきましょう。

追加でかかる料金

脱毛ラボでは、時にコースの料金以外の料金を請求されることがあります。

トラブルや誤解を避けるためにも、ある程度知っておいた方が良いでしょう。

遅刻したら?

脱毛ラボの場合、予定時間に遅れそうなときはきちんと連絡するようにしましょう。数分程度の遅刻の場合は、特にペナルティなどは発生しません。

ただし、10分を超えてしまうと1回分のチケットが使えなくなってしまいますので、できるだけ早くサロンに行くようにしましょう。

当日キャンセルは?

キャンセルの申し込みは、LINEや電話、メールなどで行うことができます、前日のキャンセルの場合は1,000円のキャンセル料がかかりますが、1回消化などのペナルティはありません。

また、当日キャンセルをした場合には、キャンセル料はかからないものの1回分消化の扱いになります。

剃毛代(シェービング代)

今は自分でかみそりを使うのでほとんどいりません。

ただし、手が届きにくい部位などサポートをしてもらうときには500~1,000円分の労働をしなければなりません。

解約料金

解約手続きは、サロンに連絡を入れる程度でそれほど面倒ではありません。

プラン内容や現在のチケットの消化状況などによって変わりますが、基本的には解約手続きを終えるとしばらく後に振り込みで返金されるという流れです。

ただし、差引額が大きいため、手元に戻る金額はそれほど期待できません。

脱毛ラボの料金に関するまとめ

このように、実質的な支払金額としては最も安いとは言い切れませんが、脱毛ラボの施術には定評があり、老舗のサロンなので接客態度もしっかりしています。

単なる料金に比較だけでなく、扱っているサービスや品物を見て安いと感じられる時に買い物をするようにしましょう。