脱毛サロン

脱毛サロン選びで失敗したくない人へ!安全なサロンを見極める6つのポイント

一口に脱毛サロンといっても、全国各地にお店がたくさん。でも、選択肢が多いと逆に比較するのが難しいし、最終的にどこに決めるか迷いやすいんですよね。

だからといって安くはないお金を払って通う以上、事前調査に妥協はできませんよ。

費用が明確に提示されるお店が第一

とにかく予算は最重要。カウンセリングで希望するプランの料金を説明してもらう時に、回数制なら何回でトータルいくら、月額制なら月々の負担がいくらとキッパリ明言してもらえるお店が安心です。

それから、追加費用が発生してバイト代から捻出できる額をオーバーしてしまったら、最悪脱毛が続けることも難しくなります。施術費以外でどういったものにお金がかかってくるのか、ここもきちんと教えてもらえるサロンを選んでくださいね。

通うペースの都合のよさを確認

脱毛サロンの施術のペースは、毛周期に合わせて2ヶ月、3ヶ月ごとに1回のところが多いのですが、これってわざわざ足を運ぶ手間を考えたら結構な違いですよね。

中には全身脱毛を半身ずつに分けて1回の施術時間を短縮し、1ヶ月に2回以上通えるサロンもありますが、あまり頻繁になると学校やバイトとの掛け持ちで慌しくなります。

なるべく負担のないペースで利用したいですよね。

もちろん、ゆっくり施術を受けるとその分脱毛が完了するまで時間がかかってしまうので、この辺りのバランスが大切。

まずは、いつ頃までに綺麗になりたいか目標を立てて、その上でライフスタイルを考慮しつつ、無理なく利用できるコースがあるお店を探しましょう。

全身脱毛の範囲は要チェックポイント

実は、全身脱毛といってもサロンによって対応している部位が異なってくるんです。全身何ヶ所施術可とあっても、含まれている部位と含まれていない部位の違い、部位のカウントの仕方が違いがあったり、ちょっとややこしいんですよね。

間違いないのが、ホームページなどに掲載されている施術箇所のイラストを見ること。特に、安いからという理由で飛びつくと顔脱毛とVIO脱毛が別料金になっているところが多いので気をつけてください。

全身丸ごと施術してもらえても顔なら揉み上げ、鼻の下、小鼻の細かい部分まで含まれているか、VIOラインなら粘膜ギリギリまで処理してもらえるか、こういった点を確認しておくことで満足度がアップ。ぜひチェックしてみましょう。

予約の取りやすさが重要

せっかく条件のいい脱毛サロンを見つけても、肝心の予約が取れなければ無意味。

コンスタントに通えそうにないところは候補から外すのが賢明ですよ。都市部か郊外かでも店舗ごとによっても利用者数が異なってくるので、予約システムが整っている大手サロンでもカウンセリングの時に予約状況や変更時の融通の利きやすさを尋ねておいてください。

わざわざ電話をしなくても、WEB上の会員ページから手続きが可能なキレイモなどのお店が便利ですよ。

快適な環境で施術を受けられるところを見つけよう

何度も利用することになる脱毛サロンだからこそ、気持ちよく過ごせるお店が何より。

全身脱毛では洋服を脱いでお化粧を落としてとても無防備な状態になるので、対応が丁寧な信頼できるスタッフさんに施術をお願いしたいし、落ち着ける施術室で脱毛をしたいですよね。

カウンセリングの時にスタッフの態度、施術室が完全個室かカーテン仕切りがある半個室か、隣の人の話し声がどのくらい聞こえてくるか、化粧室が綺麗に整えられているかといった、居心地のよさを見ておいてください。

キャンセル時のリスクをチェック

もし予約をキャンセルしなくてはならなくなった時に、いつまでにお店に伝えておく必要があるのかは要確認ですよ。

多くのサロンでは前日までなら特にペナルティなし、当日でも予約時間前なら費用が発生せず回数消費もなしという対応を取っていますが、場合によっては当日キャンセルで費用がかかるところもあります。

一番ダメなのは無断キャンセル。

たとえ罰金がなくてもお店側にも迷惑をかけてしまうので、これだけは気をつけましょうね。

さて、大体通ってみたいお店は絞れてきたでしょうか。

それとも、調べていくうちにより綺麗になれるという医療脱毛のほうも気になってきて、まだ決められずにいるというかたもいるかもしれませんね。

ですが、脱毛サロンでも十分満足の行く仕上がりが期待できるんですよ。

まとめ

たくさんあるからこそ悩んでしまう全身脱毛を受けるお店選びですが、その分、自分が希望する条件に合ったサロンを見つけられる可能性が高くなりますし、選択肢が多いというのは悪いことじゃないんです。

いきなり1ヶ所に絞るのが難しければ、よさそうなところにカウンセリングに行ってみるのがが吉。

悩んでばかりいてもツルツル肌になる日が遠くなるだけですから、まずは行動をしてみてくださいね。